• 清水ありさ

これ何だかわかりますか?

こんにちは。

神田昌典の2022全国縦断講演ツアー in 広島

実行委員会の清水ありさです。


講演会まで3週間となりました!

当日は、今年どんなお話が

聞けるのかワクワクしてきましたね!


お申込みがまだお済みでない方は

お急ぎくださいね。

お申込みはコチラから



---



今年で3回目を迎える講演会。

毎年ご参加してくださっている方は

ご存知と思いますが、、、

最後に神田さんにプレゼントしているもの、


そう「だるま」です!



例年通り何の疑いもなく

来年の準備をと考えていると



・・・ん?



毎年プレゼントしているだるまって

高崎だるまじゃぁぁぁん!!!

す・ご・くかっこ悪い!!!



三原市は、タコのまちと並び、

だるまのまちとも知られており

400年以上の歴史をほこる神明市は

別名「だるま市」として親しまれています。



そこで、

三原だるまをオリジナルで作れないだろうか?

と言うことで会いに行ってきました!




三原だるまってとってもHappy item


江戸時代の末頃から

下級武士の生活の足しや、

子どもの小遣い稼ぎとして神明市で

売られるようになりました。



その後、第二次世界大戦が始まり

途絶えてしまいますが

昭和50年代後半に

当時の三原小学校校長の久保 等さんが

卒業生に記念品として「三原だるま」を

贈りたい!と復活させます。



現在は鷺島在住の

三原だるま保存会の鳥生さんが

その技術と想いを伝承し

制作を続けていらっしゃいます。




一般的に販売されている「祈願だるま」は

願掛けをして1年後、供養してもらったりしますよね。



ですが三原だるまは、

神明市で家族の人数分買い求め、

だるまの裏にそれぞれ家族の名前を書いて

神棚に供え、毎朝そのだるまを見て

家族全員の安全と繁栄を祈り

生涯持っておくものという

言い伝えがあります。


















「なせば成る!」

「如何ように倒しても必ず起きあがって、

先がよく見通せるようにと目玉が入っているんだよ〜」

と教えていただきました。



まさに

時代の潮流を読む

2022講演にバッチリだと思いませんか?



今年の講演会で初お披露目の

2022講演オリジナルだるま

こちらも楽しみにご参加くださいね!



共犯者大募集中

集まったトークンで交換可能な商品の中に

三原だるまもご用意しております。



2022講演オリジナルだるまを現在

一点一点 あなたの想いが成りますように!と

制作していただいております!


どんどん、トークンを貯めて

講演会当日にお引き換えください。

どんな面相になるかは、お楽しみに!



楽しんで一緒に

ブロックチェーンを学んでみませんか?

共犯者になる



---



2019年2月7日(金)

神田昌典の「2022」全国縦断講演ツアー in 広島

「顧客コミュニティーを創る新技術」



新時代に乗り込む飛躍の鍵を

皆さまで受け取り

楽しく10倍目標達成に向けて

スタートしましょう!


皆さまにお会いできる当日を

楽しみにしております!


お申込みがお済みでない方はコチラから




#三原だるま #神明市 #神田昌典は三原が好き #ブロックチェーン


0回の閲覧

2022講演 in 広島実行委員会

相談窓口

​株式会社エムセック 清水 ありさ

M:  info@msec.co.jp

T:   0848-63-5584

F:   0848-64-8751

A:   広島県三原市城町1-12-5

Copyright © 2022講演 in 広島実行委員会

  • Black Facebook Icon