• 清水ありさ

みなさんこんにちは。

神田昌典の2022実行委員会の清水ありさです。



今回のエキスパートカフェは

新型コロナウイルスの感染拡大をうけ

表参道の会場は、参加者なしで開催されました。



そして、急遽Zoomでの開催となりました!

▲課題本『「ついやってしまう」体験のつくりかた』

人を動かす「直感・驚き・物語」のしくみ 著者玉城真一郎さん(右)



Zoom開催に戸惑いもありましたが、、、

三原サテライト会場をはじめ、表参道、そして

世界各地の100名以上の参加者のお顔が見える

今回のエキスパートカフェは

同じ時間、場を共有できる

いつも以上に楽しい読書会となりました🙌



そして、

昨日の参加者から頂いた声が嬉しくて

「つい」レポートせずにはいられません!



今日は、行動するための読書会

エキスパートカフェについて

お伝えさせていただければと思います☺️



読書会の最初はゴール設定から


読書会のスタートは、

ゴールの設定から始まります。



「今日の読書会が終わった後に

どんな状態になっていたら嬉しいですか?」



そんな問いに対して、

初参加の会社員Aさんは

「次の読書会にも参加したいと思っていること。」と決めました。



そして、読書会後の振り返りタイムにて、

「同じ本なのに、みんな感じ方が違う所がとっても面白い!

次回も、参加したいと思います!」

と見事ゴール達成!



また参加者Bさんは、、、

「ストレスを感じない1日となっていること」

というゴールを設定しました。


Bさんは読書会に参加したら、

たくさんの知識を得て、

速読しなくちゃいけない!っと緊張し

なかなか答えが見つかりませんでした。


しかし、

後半の著者のプチ講演会で

『非生産性で良い。』という

言葉を得られ、


「ぐーたら何もできず毎日を過ごす

自分にストレスを貯めていましたが、

無駄も必要。と著者から答えを

発見でき安心しました。」

と笑顔で帰路についていただくことができ

ゴール達成ができました。



育った環境、価値観、年齢、性別も

違う人が集まるから

課題も感じ方も違う。



だから、普段1人で行う読書とは違い

気づきも学びもたくさん得られ、

答えを見つけるられる。

それが、エキスパートカフェ です。



「あなた自身が楽しむ」を忘れてませんか?


著者玉城真一郎さんからのメッセージ

生産性の奴隷になって、

最近、遊べない大人が増えている。

世の中もっと楽しく

フランクに遊べる大人が増えるといいよね〜っ



最近ちょっと日常がマンネリ化。

ワクワク、遊び心が足りないな〜と感じるあなたへ。

私たちが開催する

非日常の読書会に参加してみませんか?




◆次回のエキスパートカフェのご案内◆


さらば!3日坊主!春から続けらえる私へ

【4月 Expert Caffe (エキスパートカフェ)in 三原】

著者 佐藤 良氏と読む

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣 』

日時:2020年4月21日(火)

   19:00〜21:00

場所:アクションセンター三原2F

参加費:1000円(当日現金払い)

定員:12名

持ち物:筆記用具、名刺、課題本

※駐車場はありません、近隣のパーキングをご利用ください。

※当日、課題本の販売を行っております。


▼申込みはこちらから

https://ac-mihara.jp/events/318





みなさん、こんにちは。

2022講演 in 広島実行委員会の清水です。


2018年の2月に開催された講演会に数多くの方がご参加いただきました。

今回は第2弾!海水温熱サロン瀬潮さんの実践報告です。


あなたの事を教えてください。








会社名:株式会社瀬潮

業種:健康サロン

WEB:https://www.seacio.com

報告者:代表取締役 小畠 祐輝

お問い合わせ:info@seacio.com


2018年、あなたの挑戦、実績を教えてください!

株式会社エムセックの新たな挑戦事業として6月に会社を立ち上げました。「海水温熱」という沖縄発祥の民間療法を地域に広めることによって地域を元気にしたい。そんな思いで8月に1号店を三原にオープンしました。サロン事業の経験がないなかで、お付き合いのある経営者の方、サロンオーナーの方、飲食店をやっている方などを招待し体験会を通して感想や改善ポイントを探すことからスタート。その際、NPS(ネットプロモーションスコア)を駆使して、ヒアリングを行いました。9月〜11月で、トークや施術方法などマニュアルを改善しファンが増えてきました。

神田さんのおっしゃっていた、冬至のタイミングに向けて、「誰が言うか?」が重要ということで、かねてより親交のあった、美容番長であるシルクさんをおよびし、体験していただきました。かなり気に入ってもらえたご様子で、会員限定の講演会やブログ発信をしてもらえることに!まだまだ始まったばかりの事業ですが、全国100店舗を目指し、12月から当てるために発射!していきます!


↓ご予約はこちらから

ネット予約:https://yoyaku-mot.webjapan.co.jp/B180701/

電話予約:0848-38-1388


シルクさんの記事:

https://bit.ly/2PCvaLL

こういう報告を聞くと、開催して良かったなって力が湧いてきますね!

小畠さん、素晴らしい実践ありがとうございました。


さて、神田さんが年始に話をされた、「当てる」ための次のタイミングは

冬至12月22日です。このタイミングで、「拡散開始」することが重要になります。

「拡散のお手伝いをさせてください。」

皆様の実践されたことを、当ブログを通して発信させください。

画面最下部からお問い合わせいただくと、スタッフがヒアリングさせていただきます。


●SNS

https://www.facebook.com/kanda.2022.Hiroshima

●EVENT

神田昌典「2022」全国縦断講演ツアー2019 in 広島

お申し込みはコチラ→

https://bit.ly/2AwmKjj

  • 清水ありさ

最終更新: 2018年12月13日

みなさん、こんにちは。

2022講演 in 広島実行委員会の清水です。


2018年の2月に開催された講演会に数多くの方がご参加いただきました。

参加者にヒアリングして、少しずつ皆様に共有していければと思います。


あなたの事を教えてください。





会社名:一般社団法人RoFReC

業種:教育

WEB:https://www.rofrec.jp/

報告者:代表理事 岡田 吉弘

お問い合わせ:info@rofrec.jp


2018年、あなたの挑戦、実績を教えてください!

4月に同級生と共にRoFReC(ロフレック)という会社を立ち上げ。「三原をITのまちに!」というビジョンのもと、次代を担う子供達に向けてプログラミングを用いた教育事業を開始。講演会で神田さんが仰っていた「三原の旗印」という言葉を実現すべく三原市に相談させていただき、共同で総務省の「地域におけるIoTの学び推進事業」に応募。その結果、なんと!中国地方で唯一の採択都市となりました。地元の企業、商店街、行政、そしてビジョン実現に向けて募集して集まった県内外のメンターと共に、コミュニティー(トライブ)を創り8月から活動を開始。「三原をITのまち」にするために、大人も子どももプログラミングを楽しく学べる環境づくりを行っています。2月の講演会時点では、何もなかったところから、怒涛の流れでビックリしています。



<事業詳細>

https://www.rofrec.jp/challenge-mihara

<イベント>

・ロボット探検ラリー

子供達のプログラミングしたロボットを是非見に来てください!

https://www.rofrec.jp/robohon-rally

・元Google米国本社副社長 村上憲郎さんの講演会

「三原から世界へ ~グローバル時代を生き抜くために~ 」

https://ac-mihara.jp/events/52



こういう報告を聞くと、開催して良かったなって力が湧いてきますね!

岡田さん、素晴らしい実践ありがとうございました。


さて、神田さんが年始に話をされた、「当てる」ための次のタイミングは

冬至12月22日です。このタイミングで、「拡散開始」することが重要になります。

「拡散のお手伝いをさせてください。」

皆様の実践されたことを、当ブログを通して発信させください。

画面最下部からお問い合わせいただくと、スタッフがヒアリングさせていただきます。


●SNS

https://www.facebook.com/kanda.2022.Hiroshima

●EVENT

神田昌典「2022」全国縦断講演ツアー2019 in 広島

お申し込みはコチラ→

https://bit.ly/2AwmKjj

2022講演 in 広島実行委員会

相談窓口

​株式会社エムセック 清水 ありさ

M:  info@msec.co.jp

T:   0848-63-5584

F:   0848-64-8751

A:   広島県三原市城町1-12-5

Copyright © 2022講演 in 広島実行委員会

  • Black Facebook Icon